千葉の過去ぷれ Blog

yomoyama9-4

千葉県四方山話「第9話 夏の夜空・ためになる理科の話」

7月7日は、そう七夕ですね──。(何を今ごろ…などと思わないでやってくださいね)

七夕といえば、みなさんは何を思い浮かべますか? 私はやっぱり「天の川」です! この「天の川」も、今では昔ほどはっきり見えなくなって、改めて夜空を仰いで見ると何だか淋しくなっちゃいます…。そんなわけで、今回のテーマは「夏の夜空・ためになる理科の話」に加え、私の回想でつづってみようと思います。たまにはこんな話もいいかな…と。夏休み、子どもたちにさりげなく教えてあげてください。そんなお父さん、お母さんにおススメの内容です!

まいぷれ通信 第32号-飲みすぎにご用心? ほか

まいぷれ通信 第32号-飲みすぎにご用心? ほか

寒さも本格的となりましたね、みなさんいかがお過ごしでしょうか?忘年会、クリスマス会、新年会と忙しい毎日と存じます。私の方は、毎年毎年、自腹の飲み会ばかりでいじけていたのですが最近、奢りの飲み会などがあったせいで、ちょっと機嫌のいい毎日です。

yomoyama8-10

千葉県四方山話「第8話 ぜひ行ってみてほしい!浦安市郷土博物館」

浦安市といえば、何といっても「東京ディズニーランド」 そして、ディズニーランドといえば、昨年9月に海にまつわる物語と伝説をテーマに「東京ディズニーシー」が開園。同時に、パーク一体型のホテルもオープン、さらにディズニーリゾートラインの開通によって一大ディズニーリゾートを形成することとなったのは、記憶に新しい。

grass

千葉県四方山話「第7話 映画・船橋・今昔物語」

先日、久しぶりにららぽーとに行って映画を観てきました。「アトランティスの心」という映画なんですが、なかなかよかったですよ──。ストーリーに予備知識を持たずに観たのが幸いしました。この映画は、スティーブン・キング原作の同名短編小説がベースになっています。「アトランティス」といえば、考古学上の幻の大陸のことじゃなかったっけ? このタイトルにはどんな意味があるのかな…などと思いながら、とにかく観てみました。──アンソニー・ホプキンスというのは、渋すぎますな…。

ajisai

千葉県四方山話「第6話 千葉の紫陽花はココで見ろ!」

そんなわけで、6月。1年のうちで、8月を除き唯一国民の祝日がない月として、かなり不評をかっている6月である。一応15日は千葉県民の日に制定されていて、県内の一部企業や学校では休みになっているようだが、都内に通勤・通学する千葉県民にとってはさしたる恩恵はない、といってもいい。