まいぷれ通信 第26号-スポーツの秋Part2 ~千葉県国際水泳場~、 地名の謎(東葛編) ほか

:・:・::・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・::・:・::・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:

● ま い ぷ れ 通 信 ●

[船橋・習志野版] 第27号

:・:・::・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・::・:・::・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●本日のメニュー
----------------------------------○

  • ごあいさつ
  • スポーツの秋Part2 ~千葉県国際水泳場~
  • 最近の本家まいぷれ
  • 地名の謎(葛飾編)
  • 編集後記

●ごあいさつ
----------------------------------○
 みなさんこんにちは。船橋・習志野の街の情報をお届けする「まいぷれ通信」第26号です。私、編集部石井がお届けします。

 とうとう富士山山頂では雪が降ったそうです。どうりで涼しいわけですね。そろそろ紅葉が楽しみな季節。編集部でも紅葉情報をお送りするべく、情報を集めていきたいと思っております。「ここの紅葉は毎年きれいだよ!」といった、穴場情報をお持ちの方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

●スポーツの秋Part2 ~ 千葉県国際総合水泳場~
----------------------------------○
 前回に引き続き、スポーツ施設をご紹介します。前回、船橋アリーナでしたが、今回は習志野市にある、千葉県国際総合水泳場です。場所は京葉線新習志野駅前、ロータリーに面した大きな建物です。もちろん駐車場も完備。

 千葉県国際総合水泳場は県の施設です。その名のとおり、国際大会も開催されるほどの本格的なプールです。設備はメインプール、サブプールの2つと、トレーニング施設で、メインプール、サブプールともに50メートルプールです。前回同様、今回も水泳に挑戦しました。

 まずは券売機で入場券を買い(大人500円)入場、この入場券でトレーニング室もメインプールもサブプールも利用できます。

pool
 
 プールは50メートルプールだけあって、とにかく大きい。大会で利用する事もあるせいか、観客席まであるので、ちょっと緊張してしまいます。コースロープで 何コースが区切られていて、サブプールの方は半分が水中歩行コースとして用意されています。みなさん思い思いのあるき方で運動されていました。

 一方、メインプールの方は、なんと水深2メートル以上のプールで、足がつきません!「100メートル以上泳げる方のみ利用できます」との注意書きに納得。これはしんどい・・・・
 
 水泳が得意な方で、「近所のプールは混んでいて練習が思うようにできない」という方にはぴったりかもしれません。
  
 とにかくメインプールもサブプールも広くて大きいので、多くの方がいらっしゃいましたが、すいている印象が強かったです。

 トレーニング室の方はメインプールとサブプールの間にあり、最新設備のトレーニング機器がそろっています。ビデオでエクササイズのレクチャーもしてくれます。

 一通り泳いだあとは、やはりお風呂。ここにもちゃんとジャグジーがありました。メインプールと飛び込み台の迫力を横目に見つつ一番奥にいくと、ちょっとこじんまりとしたジャグジー室があります。行き方がわかりにくいせいか、入っている人はいませんでした。ちょっと穴場っぽくって、得した気分です。本格的な競技用プールでトレーニング。ちょっとした有名選手になれたかのような気分も味わえます。

 ちなみにここ千葉県国際総合水泳場、10月8日(月・祝)体育の日は無料開放です。この機会に是非のぞいて見てはいかがでしょうか?

千葉県国際総合水泳場
住所:習志野市茜浜2-3-3 JR新習志野駅南口徒歩1分
TEL:047-451-1555
営業時間:AM9:00~PM9:00
定休日:月曜(月曜日が祝日の場合は翌日)

*競技会等が開催される場合には一般開放しない場合があります。
スケジュールはFAX:047-451-1888で取り寄せられます。  

千葉県国際水泳場のホームページ
http://www.chiba-swim.gr.jp/

●最近の本家まいぷれ   
----------------------------------○

 ・まいぷれ柏版、まいぷれ松戸版を統合して、まいぷれ東葛版になりました!

 今まで“まいぷれ柏版”、“まいぷれ松戸版”としてご利用して頂いてきましたが、柏、松戸両市の留まらず、周辺の市町村の情報をより深くお届けさせていただくため、“まいぷれ東葛版”としてスタートさせていただく事になりました。これからもより深い街の情報をお届けしていこうと思っております。今後もよろしくお願いいたします。

(*)現在は、再び、“まいぷれ柏版”と“まいぷれ松戸版”に戻っています。

●地名の謎(葛飾編)   
----------------------------------○
 東葛版という形にさせていただきましたが、東葛って、どこなのでしょうか?

 第9号以来、久々に地名の謎について、ちょっと調べてみました。“東葛”という地名は旧“東葛飾郡”の略称で、その“東葛飾郡”は浦安、市川、鎌ヶ谷、松戸、柏、我孫子、流山、野田の各市、関宿町の全域、と船橋市の一部をさすそうです。ただ現在は一般的に柏・松戸周辺をさす事が多い呼称になっていますね。

 では、“葛飾”は一体どこなのでしょうか?“葛飾”というと寅さんで有名な東京都葛飾区が有名ですが・・・
 
 実は葛飾という地名自体、千葉県西部を中心とする地名だったそうです。下総国葛飾郡という昔の地名がその由来だそうです。
 
 なんでも、現在の京成線西船駅は、昭和62年まで葛飾駅という名前だったそうですし、われらが船橋市にも葛飾町があります。市川市の八幡には葛飾八幡宮がありますし、同じく市川市には葛南警察署があります。(葛飾の南、という意味でしょうか。)もしかしたら、江戸川区の葛西も、葛飾の西、という意味かもしれませんね。

 ちなみに、昭和62年、京成線の葛飾駅を西船駅に名称変更したのは、寅さんで有名になった東京都葛飾区から「混同されるからやめてくれ」といわれたからとのこと。本当かウソか、ここに関してはわかりません・・・・今でも西船駅の駅舎には、旧葛飾駅と記載された看板がありました。

 いろいろ調べてみましたが、実はこの辺、諸説様々です。もしこの地名に関して何か他説をご存知の方がいらっしゃいましたら、是非教えてください。

まいぷれ編集部 

●編集後記
----------------------------------○
 私は、取材や商談で外を出歩くことがおおいのですが、歩きすぎのためか、今日、お気に入りの靴が壊れてしまいました・・・・とりいそぎ、近くのコンビニで瞬間接着剤をかって修理したものの、またいつ壊れてしまうかわからない状態なのです。涼しくなってきた事も手伝って、調子に乗って歩きすぎたんでしょうね。

 まいぷれ通信 第26号 いかがでしたでしょうか?皆様のご意見・ご感想をお待ちしております。

 では、また二週間後に。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
 ● まいぷれ通信 [船橋・習志野版] 第26号
 ● 2001年9月27日 まいぷれ編集部 発行
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

あわせて読みたい