まいぷれ通信 [船橋・習志野版] 第5号-「大人のケーキ ラ・シェール (極秘情報つき)」 ほか

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:
         ● ま い ぷ れ 通 信 ●

         [船橋・習志野版] 第5号
:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━

●本日のメニュー
-----------------------------○

  • ごあいさつ
  • 大人のケーキ 「ラ・シェール」 (極秘情報つき)
  • ロケ天国、津田沼(?)
  • 今月の本家「まいぷれ」
  • 吉田のひとりごと

●ごあいさつ
-----------------------------○
みなさんこんにちは。船橋・習志野の町情報をお届けする「まいぷれ通信」第5号です。

前回の「サークル募集」にご応募いただいたサークル幹事のみなさん、どうもありがとうございました!現在、テニスサークル「ローランギャロ」さん、お遊びサークル「あっとらんだむ」さん、上級者不可(笑)のバトミントンサークル「おちゃらけサークル」さん、草野球チーム「DOTS」さんを、WEB版まいぷれにて紹介させていただいています。

それぞれのサークルのホームページを見させていただきましたが、みなさんホントに楽しそうな雰囲気です。20代~30代の方が楽しそうな顔をしているのって、いいですよね。今の生活に一味加えたい方、どうぞお気軽に連絡してみてください。そしてまいぷれで参加者募集・対戦相手募集したいサークルの方は、いつでも掲載を受け付けていますので、どうぞご連絡を!

●大人のケーキ 「ラ・シェール」 (極秘情報つき)
-----------------------------○
津田沼のエキゾチック・タウンの少し南側を歩いていると、ほんのりと甘いお菓子の匂いがする場所があるのをご存知でしょうか。

その匂いの元が、今回ご紹介するラ・シェールさん。旬の素材にこだわった、甘いけど甘すぎない、しっとりとしたケーキが人気のお店です。ひょっとしたらこのケーキ屋さん、他で聞いたことのある方がいらっしゃるかもしれません。今年10月で開店6周年と洋菓子屋さんとしてはまだ若いお店なのに、ここのところ千葉Walkerやぴあなど、有名どころの情報誌に立て続けに取り上げられているのです。

(でも大丈夫、「非・有名どころ」のまいぷれ通信でしか読めない情報もいただいてきました (^^;) )

取材時に吉田がいただきましたのは、「シブースト」というシンプルな見た目のタルト(320円)。下半分は木苺とチョコのタルトで濃厚なおいしさ、そしてその上にはあっさりとしたカスタードクリームのムースが載ってます(二度おいしい!)。表面にお砂糖を振って焼いてあるので、薄茶色の焦げ目がいかにもおいしそうです。

吉田の知る限り、男性の中にも意外とケーキ好きは多いものなのですが、これなんかいかにも男が好きそうなケーキだなと思いました。
「あ、ケーキ買ってきたの? ふーん。
 あ、うん、せっかくだし食べるよ。ウン。
 じゃそっちのあっさりしたほうもらおうかな……」
とか、男が興味のないフリしながら選ぶのが、この「シブースト」ですね(笑)。

さてここで、大手には載ってない、まいぷれ独自の情報を。

●極秘?情報その一   「ブッシュ・ド・ノエル」は早い者勝ち!
そろそろ街にもクリスマスムードが匂い始めた今日この頃。ここラ・シェールさんでもクリスマスケーキの予約を受けていらっしゃるのですが、中でも一番人気の丸太型のケーキ「ブッシュ・ド・ノエル」(数量限定・3800円)は、毎年常連さんが早めにおさえてしまいます。店内に「予約受付始めました!」と掲示が出る頃には、このケーキだけは既に売り切れ。店頭にでることはありません。

今なら間に合うそうですので、気になる方はお早めに!

その他のケーキでしたら、12月17日まで予約を受け付けていらっしゃるそうです。(2500円~4800円)

●極秘?情報その二   ホントの名物ケーキ!
クリスマスケーキ以外にも、ラ・シェールさんには一押しのケーキがあるのです。が、そのケーキはとても手間がかかるので数が作れないらしく、大手の情報誌には「出さないでくれ」とお願いしていらっしゃるそうです。

店の方とのお約束でまいぷれもそのケーキの名前は出せないのですが、少しだけヒントを……。

  • 一見、ただのチョコレートケーキに見えます。が、中身はふわふわのムースです。
  • ゴージャスな見た目です。

吉田、こちらもいただきましたが、ティラミスに使われていたマスカルボーネというチーズ、それにさくらんぼのムースがおいしい!外側にチョコレートを吹き付けてあるので一見ムースには見えませんが、食べてみるとびっくり、という感じです。さあ、気になる方はお店で探してみてください。(店員さんに聞くのは反則とします)

店内にはテーブル席もあり、700円でコーヒー or 紅茶とお好きなケーキ一品が楽しめます。また、店にあるすべてのケーキはホール(=切らずに丸ごと)で注文できますので、こちらもおすすめです。小さな切り売りとは違った雰囲気で、ゴージャスさが満喫できます。10日前までに注文すれば大丈夫です。

ところで、吉田はこのように取材のためにあちこちのお店に顔を出すわけですが、初めて行った店がいい店かどうかを見分けるのに、ひとつよい方法があります。そこで働いている人が幸せそうかどうか───を見るのです。

cake

今回ご紹介したラ・シェールさんは、まさにそんな「いいお店」でした。カウンターの中の店員さんに「個人的にはどのケーキがお好きですか?」と聞いたら、ホントに幸せそうな顔(もっといえば「おいしそうな顔」)で、あれやこれやと教えてくれました。小さな幸せ、のお店でした。

 ・パティスリー ラシェール
  習志野市谷津1-11-11ウィステリア津田沼1F
  047-472-7694
  営業時間 10:00~20:00
  定休日  火曜日

●ロケ天国、津田沼(?)
-----------------------------○
先日、撮りだめしたまま忘れていた古いビデオを見てておどろいたのですが……

「あれ? タモリが歩いてるここって、津田沼じゃん!?」

番組は「世にも奇妙な物語」で、司会のタモリが例によってかしこまったナレーションを入れながら歩いているのが、JR津田沼駅北側のあの大きな歩道橋でした。そういえばそのすぐ先、パルコ二階の「SANYO」さんという喫茶店は、ガラス張りの店内を歩道橋側から撮る…という構図で、たまにドラマに使われてますよね。

さらに、このまいぷれ通信第3号で紹介した居酒屋「太鼓屋」さんのあるビル(京成津田沼前のワイがや通り)は、1995年のテレビドラマ「お金がない!」で、悪徳金融屋の入ったビルとして使われたところだそう。常連さんのお話では、そこの階段を織田裕二が派手に転がり落ちたとか、東幹久が駆け上がったとか……(どうもお酒が入った感じの口調でしたので、保証はいたしかねますが……。でもロケに使われたのは本当です)。

ひょっとしてテレビ製作会社がこの近くにあるのでは、と思ってまいぷれ編集部、全力を挙げて調査したのですが、それらしい情報は得られませんでした。どなたかもっと詳しいことをご存知の方、教えてください。。

●最近の本家「まいぷれ」
-----------------------------○
本家WEB版まいぷれ、[船橋・習志野版]に加え、[市川・浦安版]もできました!

同時に、このメールマガジン「まいぷれ通信」にも、市川・浦安版ができました。お住まいは船橋でも会社が浦安、という方など、こちらもよろしくお願いします。現在第1号が発行済みです。

エッセイコーナーのの書き手や紹介して欲しいお店のご希望など、まいぷれに対するご意見・要望は遠慮なくお伝えください。まいぷれはあなたのご意見をどんどんと取り入れたいと思っています。

●吉田正太のひとりごと
-----------------------------○
WEB版まいぷれの「まいぷれエッセイ集」を読んでくださっている方はご存知だと思うのですが、いつもエッセイを書いてくださっているびわわさんという方のご主人が、交通事故に巻き込まれてしまいました(現在快方に向かわれているとのことなので、よかった)。その前は、よしこさんという方のおじいさまもお亡くなりに。今こんなことを言うのは大変不謹慎なのですが……人間って、不測の事態になればなるほど、その事態が深ければ深いほど、妙に冴え冴えと自分や周りを観察したりするもんですよね。お二人ともいつもはホンワカとしたエッセイを書かれてるのに、何気ない一言に気迫を感じ、圧倒されてしまいます。

みんなが幸せになりますように。

━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━
:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:
● まいぷれ通信 [船橋・習志野版] 第5号
● 2000年11月11日 まいぷれ編集部 発行
:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:・:
━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━━


ご注意:
この記事は、過去、まいぷれ編集部が発行していたメールマガジン「まいぷれ通信」のバックナンバーです。記載されている内容は、当時のものですので、現在の情報とは異なる可能性があります。ご了承ください。

あわせて読みたい